信州大学 理学部 理学科 物質循環学コース

微気象学研究室 (Laboratory of Micrometeorology)

[研究室紹介]

大気と生態系との間の物質交換の研究をしています.例えば,森林生態系は大気と二酸化炭素や水蒸気を交換していますが, その交換は日射や気温などの環境変化に応答して刻一刻と変化しています.その交換量(フラックスと呼びます)の変化を 微気象学的な観測手法を用いて野外で連続的に測定することで,物質循環の解明を目指しています.日本やアラスカの森林, 水田,湖で観測研究を行っています.

[構成メンバー]

教員
准教授 岩田拓記
大学院生
M2 鈴木拓海
 修士研究テーマ:アカマツ林からの蒸発に影響を与える要因
 学部卒業研究テーマ:アカマツ林の林床からの蒸発に影響を与える要因
M1 田岡作
 修士研究テーマ:
 学部卒業研究テーマ:諏訪湖における拡散およびバブルによるメタン放出の
   制御要因  卒論発表発表要旨
学部生
4年 榊原進哉
 研究テーマ:アカマツ林の林床からのCO2放出の季節変化とその制御要因
4年 笠原佑香
 研究テーマ:諏訪湖における運動量伝達と湖水の混合
4年 佐藤椋
 研究テーマ:大気―ハイマツ生態系間の水蒸気・二酸化炭素交換
卒業生
2018年 小林大曙
 修士研究テーマ:モデルを用いた諏訪湖の熱環境の再現及び気候変動に対する
   応答評価  卒論発表発表要旨
 学部卒業研究テーマ:諏訪湖における大気―湖間の熱交換と水温プロファイルの
   シミュレーション  卒論発表発表要旨
2018年 新井沙友里
 研究テーマ:時間スケールごとにみた諏訪湖における熱収支
  卒論発表発表要旨
2018年 河原田麻結
 研究テーマ:アカマツ林における陸域生態系モデルを用いた水蒸気およびCO2
   交換のシミュレーション  卒論発表発表要旨
2018年 中野航
 研究テーマ:諏訪湖におけるメタン動態のシミュレーション
  卒論発表発表要旨
2018年 西村若菜
 研究テーマ:諏訪湖における溶存メタン濃度の日変化・季節変化
  卒論発表発表要旨
2017年 佐藤媛香
 研究テーマ:諏訪湖における湖水中のメタン動態  卒論発表発表要旨
2017年 中澤琴美
 研究テーマ:諏訪湖におけるメタンフラックスの時空間変動と制御要因
  卒論発表発表要旨
2016年 杉野元哉
 研究テーマ:諏訪湖における熱収支とその物理的制御要因  卒論発表発表要旨
2016年 高橋壮太
 研究テーマ:コンダクタンス計算を基にした水田におけるエネルギーインバランス
   の考察 卒論発表発表要旨
2016年 山田遼太
 研究テーマ:アカマツ林生態系における樹冠と林床からの水蒸気・CO2フラックス
   への寄与 卒論発表発表要旨
2015年 川添貴広
 研究テーマ:渦相関法を用いて観測した水田におけるメタンフラックスの日変化・
   季節変化  卒論発表発表要旨
   Atmospheric Environmentに掲載されました→Link

[Publications (発表論文)]

[公開プログラム]

[アラスカ公開フラックスデータ]

[Debian Linuxインストールメモ]