開催要項

名称 2009「青少年のための科学の祭典」松本大会
目的 見て聞いて、さわって考えることから、科学のおもしろさ・不思議さを体験し、科学への興味・関心・理解を深める。
内容 自然科学の広い領域にわたって、実験や観察、工作等を体験したり、科学的な出来ごとに関するさまざまな展示をとおして、科学の世界のおもしろさを実感してもらう。
1)実験・観察、物作りを通して体験する数学・物理学・化学・生物学・地学の世界(ブース)
2)さまざまな科学の、不思議な世界を紹介するパネル展示
3)生きている大地に触れる体験講座
日程 平成21年8月1日(土)〜8月2日(日)
午前10時〜午後4時
会場 信州大学松本キャンパス 理学部棟(松電バス:信大経由浅間線・信大横田循環線「大学西門」下車
対象者 小学生、中学生、高校生、一般
入場料 無料
主催 2009「青少年のための科学の祭典」松本大会実行委員会
(財)日本科学技術振興財団・科学技術館
共催 (財)長野県テクノ財団/信州大学理学部同窓会
後援 文部科学省/全国科学館連携協議会/全国科学博物館協議会/日本物理教育学会/日本生物教育学会/日本地学教育学会/日本理科教育協会/日本基礎化学教育学会/日本科学教育学会/日本理科教育学会/日本地質学会/日本生物物理学会/(社)日本物理学会/(社)応用物理学会/(社)日本化学会/(社)日本機械学会/(社)日本アイソトープ協会/(社)日本理科教育振興協会/(財)日本私学教育研究所/(社)日本植物学会/(社)日本動物学会/(社)日本天文学会/(社)日本工学会/(社)電気学会/長野県教育委員会/(社)信濃教育会/信州理科教育研究会/長野県技術・家庭科教育研究会/長野県理化学会/松本市教育委員会/信濃毎日新聞社/朝日新聞長野総局/毎日新聞長野支局/読売新聞長野支局/産経新聞長野支局/日本経済新聞長野支局/中日新聞社/市民タイムス/長野放送局/SBC信越放送/NBS長野放送/TSBテレビ信州/abn長野朝日放送/テレビ松本ケーブルビジョン
協賛 電気事業連合会/信州大学生活協同組合
連絡先 実行委員会事務局
松本市旭 3-1-1 信州大学理学部物理科学科 天児寧
Tel:0263-37-2516
Fax:0263-37-2559
E-mail:amako@shinshu-u.ac.jp

2009「青少年のための科学の祭典」イメージイラスト


Illustration 2009 by Yusuke Nishida
2009「青少年のための科学の祭典」イメージイラスト
作:西田 悠亮(にしだ ゆうすけ)Yusuke Nishida

イラストについて(作者からのコメント)

世界はわくわくするような科学で溢れています。そしてこれからも新しい発見が次々と出てくることでしょう。
そんな可能性に満ちた素晴らしい世界を少年少女に伝えたくて、明るいトーンで元気な絵を描きました。

2009「青少年のための科学の祭典」松本大会 ポスター

ポスター(表)
ポスター(裏)