修士2年杉山泰啓君が第一論文著者(責任著者:二村竜祐助教、飯山拓教授)を務めた論文がChemistry Letters誌に掲載されました

修士2年杉山泰啓君が第一論文著者(責任著者:二村竜祐助教、飯山拓教授)を務めた論文がChemistry Letters誌に掲載されました。詳細は以下の通りです。

Yasuhiro Sugiyama, Ryusuke Futamura*, Taku Iiyama*, “Ice-like Structure of Water Confined in Hydrophobic Sub-nanometer Spaces at Room Temperature”, Chemistry Letters, 2022, 51, 760-764.

DOI:10.1246/cl220203

博士3年のAnaさんが第一論文著者(責任著者:飯山拓 教授)を務めた論文がCarbon誌に掲載されました。

博士3年のAnaさんが第一論文著者(責任著者:飯山拓 教授)を務めた論文がCarbon誌に掲載されました。詳細は以下の通りです。

Ana Carolina Cons Bacilla, Ryusuke Futamura, Yasuhiro Sugiyama, Takahiro Ueda and Taku Iiyama “Formation of amorphous and quasi-two-dimensional microcrystalline structures of CO2 in activated carbon pores at low temperatures” Carbon 2022, 193, 88-97

DOI:10.1016/j.carbon.2022.02.061

博士3年のAnaさんが第一論文著者(責任著者:飯山拓 教授)を務めた論文がChemistry Letters誌に掲載されました。

博士3年のAnaさんが第一論文著者(責任著者:飯山拓 教授)を務めた論文がChemistry Letters誌に掲載されました。詳細は以下の通りです。

Ana Carolina Cons Bacilla ,Ryusuke Futamura and Taku Iiyama “Effect of Quadrupole of Nitrogen, as a Probe Molecule for Surface Area Estimation: XRD and HRMC Investigation” Chem. Lett. 2022, 51, 338-341

DOI:10.1246/cl.210728