Japan Adsorption 2019 に参加・発表

国際学会 Japan Adsorption(幕張, 2019/5/21-23)にて研究室の大塚君、二村、飯山が発表を行いました。題目は以下の通りです。

  • Hayato Otsuka, Yuma Takasaki, Ryusuke Futamura, and Taku Iiyama, “Adsorption and Magnetic properties of ACF and SBA-15 Functionalized by Magnetic Ionic Liquid”, Japan Adsorption 2019, Makuhari, 2019. 5. 22. Poster. 
  • Ryusuke Futamura, Taku Iiyama, Yury Gogotsi, Mark J. Biggs, Mathieu Salanne, Patrice Simon, and Katsumi Kaneko, “Pore Size Dependent Superionic State of Ionic liquids in Carbon Nanopores with Hybrid Reverse Monte Carlo-aided X-ray Scattering”, Japan Adsorption 2019, Makuhari, 2019. 5. 23. Oral. 
  • Hiroaki Iwashita, Masatsugu Yoshimoto, and Taku Iiyama, “Hydrogen Bonding Structure in Pseudo-1dimentional Confined Space”, Japan Adsorption 2019, Makuhari, 2019. 5. 22. Poster.

日本化学会第99春季年会にて発表

日本化学会第99春季年会にて、研究室の糸島君、石井君、岩下君が発表を行いました。演題は下記のとおりです。

  • 糸島和真、井上奈穂、飯山 拓、”圧力フィードバック法を用いた混合吸着状態に対する温度依存性の検討”、日本化学会第99春季年会、神戸、2019. 3. 19、口頭.
  • 石井誠一郎、飯山 拓、”イオン液体によるSBA-15の表面特性と細孔径の制御”、日本化学会第99春季年会、神戸、2019. 3. 19、口頭.
  • 岩下浩章、吉元政嗣、飯山 拓、”単層カーボンナノチューブへの水,アルコールの吸着過程と細孔内分子集団構造”、日本化学会第99春季年会、神戸、2019. 3. 19、口頭.