授業メモ2019(物化II)

  1. 2019/9/30(授業開始)
    授業のあらまし,
    Chap.27-1 エネルギーと運動量
    プリント配布 energy.pdf
    演習問題 16-3 (水柱の作る圧力), 19-1 (エネルギー変換)
    豆テスト1 (完答率 59%)
    豆テスト1-解答
  2. 2019/10/7
    Chap.27-1(式27.11まで)
    圧力と分子運動
    演習問題 16-6 (真空と分子数), 27-18 (脱出速度)
    豆テスト2 (完答率 16%)
    豆テスト2-解答
    豆テスト2、アボガドロ定数の扱いで、多くの人が間違えていました。
    単位付きで正しく計算すると、間違いに気づくことができます。
    \displaystyle P = \frac{Nmu^2}{V} の式で、
    左辺は圧力なので、右辺の単位はPa (= N m−2 = kg m s−2 m−2 = kg m−1 s−2)になるはずです。
    N (分子の個数)は、N = n NA = (1 mol) × (6 × 1023 mol−1)と無次元になるはず。m (分子1個当たりの質量) は m = MN= (44 × 10−3 kg mol−1)× (6 × 1023 mol−1) と、こちらの単位は kg になるはずです。
    あとは、速度の2乗の単位が m2 s−2 (単位も2乗する)、体積の単位が m3 なので、正しい単位が得られます。
    正しく計算できていれば、答えに mol や mol−1 は残らないはずなのです。

  3. 2019/10/21
    Chap.27-1(続き), 2
    温度と分子運動、
    SI単位単位換算について
    演習問題 27-2 (根二乗平均速さ), 27-3 (温度と分子の速さ)
    豆テスト3 (完答率 43%)
    豆テスト3-解答
  4. 2019/10/28
    Chap.27-2(続き)
    分子速度の分布
    演習問題 27-26 (最確エネルギー)
  5. 2019/11/11
    Chap. 27-3
    3次元の分子速度
    分布関数の使い方
    豆テスト4 (完答率 55%)
    豆テスト4 – 解答
    演習問題 27-35
  6. 2019/11/18
    Chap. 27-4,6, Chap. 16-1
    分子の衝突頻度、平均自由行程
    示量性示強性
    豆テスト5 (完答率 76%)
    豆テスト5 – 解答
    演習問題 27-41
  7. 2019/11/25
    Chap16-1~4
    圧縮因子Z、ファン・デル・ワールス式
    演習問題 16-16(実在気体の圧力)
    演習問題 16-24
    豆テスト6 (完答率 73%)
    豆テスト6 – 解答
  8. 2019/12/2
    Chap 23-1
    相挙動
    豆テスト7 (完答率 3%)
    豆テスト7-解答
    相転移時の体積変化については、小中高で何度も出てきているはずと思います。
    突き詰めて、きちんと理解する必要があります。
  9. 2019/12/9
    Chap 23-1
    臨界点、いろいろな相図
    豆テスト8 (完答率 14%)
    豆テスト8 – 解答
    豆テストミスプリ エタノール→メタノール(上記ファイルでは修正してあります。)
  10. 2019/12/16
     16-3, 4
    ファン・デル・ワールス式と臨界定数
  11. 2019/12/23 研究室行事のため休講
  12. 2020/1/6
    Chap 16-5,6
    分子間力
    豆テスト9 (完答率40%)
    豆テスト9 – 解答
    演習問題 16-33(LJ式の図示)
  13. 2020/1/16(木, 月曜授業)
    Chap 17
    統計熱力学の基礎
    ボルツマン分布
    豆テスト10 (完答率33%)
    豆テスト10 – 解答
  14. 2020/1/20
    Chap 17
    統計熱力学の基礎
    分配関数の使い方
    豆テスト11

    豆テスト11 – 解答

  15. 2020/1/27
    Chap 18
    エネルギー等分配則

  16. 2020/2/2(試験)