最初のプログラミング

線を引く

Processingを起動すると次のような画面が現れます。
(セキュリティの警告が出た場合は[実行]を押してください)

最初のプログラムとして、画面上に1本の直線を描いてみます。
次のコードを入力して、[Run]ボタン(コード入力画面の上にある、再生ボタンのような右向きの三角)を押してください。

line(20,50,40,100)

座標(20, 50)と(40, 100)を結ぶ黒い直線が、グレーの背景で描画されます。
座標(0, 0)は表示ウィンドウの左上隅になります。

このプログラムをもとに、表示ウィンドウのサイズと背景色を変更します。

size(400, 400)  #画面サイズを400x400に
background(192, 64, 0)  #背景色を赤オレンジに
stroke(255)  #描画色を白に
line(20, 50, 40, 100)  #線を引く

行の中に#(シャープ)を入れると、それより後ろの部分はコメントとなります。
コメントが複数の行にわたる場合はコメント開始と終了のところに”’ (シングルコーテーション3つ)を入れます。

processingで使える命令(line, size など)は、processing画面上で 緑色 で表示されます。スペルミスがある場合、文字色は黒になります。
カッコの数 ( と ) が合わないとエラーになります。processing 上でカーソルをカッコに合わせると、対応する相手のカッコに四角いカーソルが表示されるので、カッコの対応をチェックすることができます。

色の指定法

strokeやbackgroundで使われる色の指定にはいくつかの方法があります。
色の指定範囲は0~255の数値を使います。

'''
色の指定いろいろ
'''
stroke(255)  #引数ひとつ、グレースケール (白に設定)
stroke(255, 255, 255)  #引数3つ、 # それぞれRed, Green, Blueを指定 (白に設定) stroke(255, 128, 0)  #(明るいオレンジ) stroke(255, 128, 0, 128);  #引数4つ #(透明度50%の明るいオレンジ)
stroke での色指定は、線を引いたり(line) 丸を描いたり(ellipse) する 直前のものが有効になります。

丸を書く

丸(楕円)を書きます。

stroke(255)  #線の色は白
fill(0)  #塗りつぶしの色は黒
ellipse(100, 100, 50, 50)  #円を描く (x, y, 幅, 高さ)

strokeは線の部分の色を設定する命令、
fillは塗りつぶし部分の色を設定する命令です。
線の太さを変えるには

strokeWeight(2)  #線の太さ(defaultは1)

をellipseの前に加えます。(Wは大文字)

strokeやfill, strokeWeightのような描画の特性を設定する命令(メソッド)は、いちど指定すると同じメソッドを呼び出すまで、ずっと有効です。

色や大きさを変えて、画面上に丸をいくつか描いてみてください。

プログラム(スケッチ)の保存

プログラム(スケッチ)は[File]-[Save as…]で名前を付けて保存します。

セーブしたスケッチは[File]-[Sketchbook]で呼び出します。
呼び出したスケッチは別のウィンドウで開きます。

セーブファイルは[ファイル]-[設定]で指定したフォルダ (通常は C:¥ユーザー¥マイ ドキュメント¥processing ) に保存されています。

リファレンスの参照

processing で使用可能なメソッドの一覧は[ Help ]-[Reference]から参照することができます。

オンラインヘルプ https://py.processing.org/reference/

lineやellipseは[Shape]の[2D primitives]の中にあります。